記事一覧

フェラガモ×一生ものバッグ2選

ハイブランドに肩を並べる品質と気品

一流の靴ブランドとして名高いイタリアの至宝『フェラガモ』は、バッグのクオリティも最高峰。シグネチャーモチーフ「ガンチーニ」「ヴァラ」は、靴同様、上品で気品に溢れています。

フェラガモ ボクシィズ

ボクシィズ(BOXYZ)

フェラガモが“未来に続く定番”という思いを込め誕生した「ボクシィズ」。登場からの歴史は浅いながらも既にアイコンバッグの風格を感じます。
上質なカーフの台形はクラシックな印象ですが、白のステッチでモダンにアップデート。お馴染みのガンチーニモチーフが、ワンピースの柄と見事にマッチしています。

フェラガモ スタジオ バッグ

スタジオ バッグ(STUDIO BAG) 

美しさと機能性と、懐かしさとスマートさと──その全てを詰め込んだNEXTアイコンバッグ。見た目はクラシカルだけど、都会的なスマートさも感じるデザイン。アイコニックな“ガンチーニ(小さなフック、の意)”のクロージャーや、底には見えても素敵なスタッズ。中には、取り外し可能なポーチまで。

手にするだけで気持ちが高揚する洗練されたムードはもちろん、使う人のことを第一に考えたバッグ──最終的に行き着きたい、そう思える、大人のためのバッグです。

【関連記事】:http://buykopi.top

ピレネックスの人気ダウンジャケット


ダウンなのに女性らしさも叶う、高品質でありながらコストパフォーマンスの高いアイテムが人気。
ピレネックスについて
日本では2016年から展開がスタートするフランス生まれのダウンブランド「ピレネックス」。
ピレネー山脈で育ったダックのダウンを採取から製品化まで自社で行う老舗。上質な素材で暖かさはもちろんのこと、そこはかとなく漂う上品さはフランスを代表するブランドならでは。

ピレネックス1

 SPOUTNIC 
 
コンパクトなシルエットだからライトアウター感覚でサラリと羽織れて、キレイめコーデの女性らしさにもなじみます。
ストレッチ性のある素材なので動きやすさも抜群♪

ピレネックス2
  
 HALNY 
 
ボリューム感があるのに絶妙な”着丈長め”でスタイリッシュにきまるデザイン。
やや厚みがある分暖かさは抜群。フードに付いたラクーンファーは高級感があって良いアクセントに。

ピレネックス3

 BRISE 
 
スプートニックジャケットのシルエットまでツイードで配色を施した遊びの効いたデザイン。
カジュアルに合わせるならこのバイカラーで特徴あるスタイルに。

【関連記事】:快適な旅を叶えるトラベル小物特集

ルイ・ヴィトンの限定版

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)から、6人の現代を代表するアーティストがデザインする「アーティーカプシーヌ コレクション」が登場。2021年10月末より各200個限定で発売予定だ。

著名なアーティストがルイ・ヴィトンのアイコニックなバッグ「カプシーヌ」をデザインする「アーティーカプシーヌ コレクション」。

その第3弾となる今回は、グレゴール・ヒルデブラント(Gregor Hildebrandt)、ドナ・フアンカ(Donna Huanca)、黄宇興(ファン・ユーシン、Huang Yuxing)、ヴィック・ムニーズ(Vik Muniz)、パオラ・ピヴィ(Paola Pivi)、曾梵志(ゾン・ファンジー、Zeng Fanzhi)の6人が参加し、それぞれバッグを空白のキャンバスに見立てて思いのままにデザインした。


ルイヴィトン オンザゴー コピー
グレゴール・ヒルデブラントが手掛けた白黒のデザインは、レザーにスクリーン・プリントを施したもの。象徴的な“LV イニシャル”には、レコード盤がはめ込まれている。また、手描きが加えられた刺繍やリングピアスをあしらった、力強いマーブル模様のバッグは、ドナ・フアンカがデザインした。

ひと際プレイフルなデザインは、ヴィック・ムニーズによる「カプシーヌ」。ルイ・ヴィトンを象徴する“モノグラム・フラワー”とともに飛行機や指輪、カメ、フルーツなど多彩なモチーフがカラフルに描かれている。

曾梵志は、70万針以上の精巧な刺繍でファン・ゴッホの自画像を「カプシーヌ」に蘇らせた。そして、黄宇興は、刺繍によって幻想的な風景を描き、パオラ・ピヴィは、複雑なレザーの象嵌細工でリアルなヒョウを再現している。

関連記事:https://purezennto.i-ra.jp/
http://planetary.top/